飲食店コンサル 奇跡のV字回復7つのメソッド

考え方がズレていると大きな成果は手にできない


昨日ステーキハンバーグセミナーが終了しました。
40名以上の方にご参加頂きました。

セミナー参加者の方から
既に
「このステーキハンバーグ店をやりたい」
というお声を頂きました。

参加者の皆様ありがとうございました。

お客様を興奮させるお店を作っていきたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

考え方がズレていると大きな成果は手にできない

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

月商1500万円とか2000万円の
圧倒的な地域一番店と
月商700~800万円の
そこそこの繁盛店の違いは何か、
考えたことありますか?

最近明確にわかったことがあります!

それは、その結果の違いは、
実は「考え方の違い」だったのです。

もちろん、考え方が違うので、
現場でやっていく施策は
変わってきます。

使い古された言葉ですが、
お客様第一主義
というのがあります。

皆様、公の場などでは
この言葉をよく使っていますが、
実際はいかがでしょうか?

会社の会議で
顧客満足度を上げることが中心の会議を
どのくらいされていますか?

すぐに原価率やFLコストを優先させていませんか?

飲食店経営において、
そこそこの繁盛店で終わるお店の経営者は
利益最優先の考え方をしています。

会社の会議ではもっばら
売上、FLコスト、利益の話ばかりです。

これに対して、
圧倒的一番店の経営者は
「目の前のお客様を興奮させること」
を最優先にしています。

どうやったら
もっとお客様が興奮して楽しいお店になるのかを
真剣に話しています。

利益は後からついてくると
心から思っているのです。

これが
結果が出ているお店と出ていないお店の
まず大きな違いです。

スキルやテクニック以前に
考え方がズレていると
大きな成果は手にできません。

お客様を楽しませるというのは
商売の考え方のベースにないと
長続きはしません。

目の前の業績が悪いときこそ
まずはそこから。

原点から見直す必要があるかもしれません。

それではまた。


飲食店経営者様・経営幹部様向け奇跡のV字回復無料メール講座

  • 業績アップ7ステップ開始します!
  • 他店と明確な違いをつくる!差別化要素の作り方
  • 時流適合で業績アップを実現する!
  • 飲食マーケティングの基本!品揃えと価格政策の原理原則
  • 集客力を高めるオープンキッチンとは!?
  • 商品づくりの最大のコツ!シズル感
  • 販売促進を利用して効率良く客数を増やす方法