飲食店コンサル 奇跡のV字回復7つのメソッド

ある和食店が月商1500万円超えた手法


先日、お付き合い先の社長から
お電話を頂きまして、
「目標にしていた1500万円を
ついに超えることができました。
ありがとうございます。」
とうれしいご連絡を頂きました。

こういったご連絡は
コンサルタントとしては
とても嬉しいです。

その会社とはお付き合いして
約1年半です。

主にそば店や和食店を
郊外ロードサイド沿いで経営されています。

いずれも素晴らしい繁盛店です。

私は重点店舗として、
ある和食店を見ていました。

もともと1200~1300万円くらい売る繁盛店でしたが、
更なる業績アップということでお手伝いしています。

いろいろな取り組みをしてきましたが、
私が特に効果があったと思うベスト3の
取り組みを紹介しましょう!

1.一番商品の更なる強化

このお店の一番商品は9マスの器に
9種類のおかずが入った御膳です。
種類数も多く、色彩感があり、魅力的です。

この一番商品を更にパワーアップさせました。
出数の一番出ている商品をもっと良くすることが
業績アップの近道です。

具体的には、
商品の器を変えたり、
(高さのある器に変更)

おかずのレイアウトを変えたりして、
(中央や目立つ場所にご馳走感のあるおかず)

見映えをアップさせました。

より立体的に見えるようになりました。

2.肉カテゴリーの導入

このお店は和食店ですが、
9マス御膳や花かご御膳、釜飯などが
中心で夜に強いメニューが少なかったのです。

そこで、夜の集客強化策として、
肉をカテゴリーで導入する提案をしました。

カテゴリーというのは、
一品ではなく、
5~7種類などの
かたまりとして、
メニューブックに存在することを言います。

今は
すき焼きやしゃぶしゃぶ、
トンテキなどを
しっかり1ページを使って
メニューブックで
表現しています。

肉メニューは
出数もよく出ています。

3.宴会客の獲得強化

宴会客を更に獲得するために、
新しくFAXDMをやっています。

周辺の法人様に対して
宴会シーズンにコース料理を
入れたFAXを
配信しています。

一見、和食店なので、
企業の宴会では使いづらい
イメージがあったと思いますが、
そういった利用もできることを告知しました。

このFAXDMからも予約を多数頂いております。

この3つです。

実施していることで
難しいことは何もありません。

何を取り組むかが重要ですが、
上記政策の視点としては、

●どうすればもっとお客様の印象に残るのか?
(一番商品の更なる強化)

●どこに新しい利用動機があるのか?
(肉が食べたいという利用動機、宴会ができるという利用動機)

になります。

是非参考にしてみてください。

それではまた。

P.S.
4月17日(水)に東京でセミナーを開催します。
現在180名を突破しています。

このセミナーを聞いて頂ければ、

●これから成長する飲食店マーケティングとは
●日本全国の繁盛事例とその法則
●一大チェーン店の成長の理由と失敗の理由

が明確になると思います。

是非楽しみにしていてください。

お申込みはこちら
↓↓↓
セミナーHP
https://www.gokangroup.com/セミナー/20190417セミナー/

セミナーDM
2019年4月セミナーHP用DM


飲食店経営者様・経営幹部様向け奇跡のV字回復無料メール講座

  • 業績アップ7ステップ開始します!
  • 他店と明確な違いをつくる!差別化要素の作り方
  • 時流適合で業績アップを実現する!
  • 飲食マーケティングの基本!品揃えと価格政策の原理原則
  • 集客力を高めるオープンキッチンとは!?
  • 商品づくりの最大のコツ!シズル感
  • 販売促進を利用して効率良く客数を増やす方法