飲食店コンサル 奇跡のV字回復7つのメソッド

スターバックスと他店の決定的な違い


最近もまた
スターバックスから学ぶことは
多いなと感じています。

私自身が個人的に
利用するのは、

●出先でパソコン仕事をする時(店内)
●長時間の電車や新幹線移動の時(テイクアウト)
●休日の家族でお出かけした後(ドライブスルー)

など。

週に2~3回は利用していると思います。

そして、スターバックスには
いつも良いイメージがあります。

スターバックスの良いイメージは
どこから来るのか?

それを考えた時、
大きく一つのキーワードが見つかりました。

それは、
スターバックスには
“個別対応感”がある
ということです。

「あなただけに今サービスをしています」
という
個別対応感があるのです。

他の大手コーヒーチェーンには
それがありません。

どんなお客様にも
同じ商品、
同じ言葉、
作業的でマニュアル的です。

しかし、スターバックスだけは
真逆です。
カスタマイズのコーヒー、
個別対応の言葉、
臨機応変の対応です。

スターバックスが
やっている個別対応感とは、
まず、アイコンタクトと笑顔です。

お客様の目を見て
笑顔で接客してくれます。

これは、今あなたに向かって話しているという
最低限の合図でしょう。

そして、商品も
自分の好きなようにアレンジできる。
カスタマイズ対応です。

私は、
スターバックスラテに
バニラシロップとホイップクリームを
追加したりしています。

そして、
商品を受け取るところでは、
「只今、スターバックスラテのバニラシロップ追加、ホイップ追加をお作りしています」
といった
今あなたの商品を作っていますよ
という言葉があります。

そして手渡しする時も
お客様の目を見て笑顔です。

入店してから
商品を受け取るまで
あなたに向かってサービスをしている
というメッセージで一貫しているんですね。

それがスターバックスの
何か良いイメージにつながっているのです。

お客様は誰しも
大事に扱われたい。

作業的で
マニュアル的な
接客では、
その大事さは伝わらない。

むしろ、
ないがしろにされていると
感じるのではないでしょうか。

しかし、
あなただけのサービス、
あなただけのメッセージには、
大事にされていると感じるのです。

スターバックスにはそれがあるのです。

是非、スターバックスのような
個別対応感を強化して
他を圧倒していきましょう。

サービス力での差別化は
参入障壁が高いので、
真似しづらいです。

決定的な差別化要因になります!

是非そこに挑戦していきましょう!

それではまた。

P.S.
4月17日(水)に東京でセミナーを開催します。
現在180名を突破しています。

このセミナーを聞いて頂ければ、

●これから成長する飲食店マーケティングとは
●日本全国の繁盛事例とその法則
●一大チェーン店の成長の理由と失敗の理由

が明確になると思います。

是非楽しみにしていてください。

お申込みはこちら
↓↓↓
セミナーHP
https://www.gokangroup.com/セミナー/20190417セミナー/

セミナーDM
2019年4月セミナーHP用DM


飲食店経営者様・経営幹部様向け奇跡のV字回復無料メール講座

  • 業績アップ7ステップ開始します!
  • 他店と明確な違いをつくる!差別化要素の作り方
  • 時流適合で業績アップを実現する!
  • 飲食マーケティングの基本!品揃えと価格政策の原理原則
  • 集客力を高めるオープンキッチンとは!?
  • 商品づくりの最大のコツ!シズル感
  • 販売促進を利用して効率良く客数を増やす方法