飲食店コンサル 奇跡のV字回復7つのメソッド

夜の集客に強い うどん・そば店をつくる方法


うどん・そば店の共通の悩み。

それは夜の集客が弱いことです。

うどん・そばを含めた麺類は、
昼は強いが夜は弱いと
言われています。

確かに数字を見ると、そうなっているお店があります。

売上の70%は昼で
30%が夜になっている。

席のキャパシティを考えると、
伸びる余地のある夜を
もっと集客したい。

こういうご相談をいただくこともあります。

しかし、私のクライアント先の中には、
昼と夜の売上比が5:5や
逆に
3:7で夜の方が大きいケースもあります。

これは何の違いなのでしょうか?

昼だけ強いお店と
夜も強いお店の違い。

これはもちろんメニュー戦略が違います。

そしてもっと言うと、
まずお店の冠名が違います。

例えば、
こざき庵というお店があるとすると、
「肉そば こざき庵」
これはどういう印象になりますか?

「天ぷらと手打ち蕎麦 こざき庵」
これはどういう印象でしょうか?

そして
「天ぷら・蕎麦・酒 こざき庵」
これはいかがでしょうか?

上記の3つとも受ける印象は変わりますよね?

もちろん、上記の中で言うと、
肉そばという打ち出しが
最も昼メインのお店になりますし、
3番目の天ぷら・蕎麦・酒が
夜メインのお店になります。
2番目の天ぷらと手打ち蕎麦はその中間です。

昼メインの打ち出しが悪い訳ではありません!

周辺に昼間人口が多く、
昼の競合店が少ないなら
あえて昼メインの業態に持っていくことも
正しい戦略です。

私が今回お伝えしたいのは、
昼メインにするか夜メインするかの
戦略をまず立てること。

そして立てたらそのポジショニングがとれるように、
冠名でしっかりそれを表現することです。

冠名はその商圏の中における
お店のポジショニングを決めます。

これによって昼メインになるか
夜メインになるかも左右されます。
(もちろん、冠名とメニュー戦略の整合性は必要です)

そのくらい冠名は重要なのです!

何気なくつけていた冠名、
メニューをあれこれ変え過ぎてずれてきた冠名、
苦戦しているお店の中には
そういった飲食店があります。

もし夜に集客をもっと強化したいのであれば、
もう一度、冠名から見直してみるのはいかがでしょうか?

小手先だけでなく、
業績アップのためには、
大きな方向転換も必要です。

それではまた。

P.S.
9月27日(木)に 「うどん・そば店で1店舗年商1億円を突破する方法」
というセミナーを東京でやります。

こちらのセミナーは、 私たちのクライアント先で 今スーパー繁盛している 、
また日本全国の地域一番店から見えてきたうどん・そば店の繁盛ノウハウを
徹底解説するセミナーです。

このノウハウを使ったお店の中には、
1店舗で年商2億円を突破しているお店もあります。
年商1億円以上のお店はいくつもあります。

既に全国のお客様からお申し込みを頂いております。
お席には限りがありますので、ご興味のある方は 是非お早めにお申し込みください。

↓↓↓
うどん・そばセミナーDM

うどん・そばセミナー申込用紙


飲食店経営者様・経営幹部様向け奇跡のV字回復無料メール講座

  • 業績アップ7ステップ開始します!
  • 他店と明確な違いをつくる!差別化要素の作り方
  • 時流適合で業績アップを実現する!
  • 飲食マーケティングの基本!品揃えと価格政策の原理原則
  • 集客力を高めるオープンキッチンとは!?
  • 商品づくりの最大のコツ!シズル感
  • 販売促進を利用して効率良く客数を増やす方法