飲食店コンサル 奇跡のV字回復7つのメソッド

客席をブラッシュアップして業績を伸ばす!


私の自宅の近くに大手らーめんチェーンの
丸源ラーメンがあります。

郊外ロードサイドのお店です。
いつも繁盛しています。
昼も夜も平日も土日も集客力が高めです。

家が近くというのもあり、
定期的に食べに行きますが、
年々ブラッシュアップされていきます。

メニューや商品、オペレーション、
店内POPなどの
ソフト面はもちろんそうですが、
ハード面でも変化が見られます。

客席の構造が変化していっています。

以前はそこまで多くなかった一人客用のカウンター席が
今では客席の20%を占めています。

約100席のお店で、
カウンター席は約18席あります。

平日の昼間にお店に行くと、
グループ客と一人客がバランスよく、
客席のロスがほとんど出ないようになっていました。

そしてこのお店は6名小上がり席が3卓あります。
それ以外の約6割、60席が4名テーブルですが、
週末は家族でも行けるラーメン店としての
ポジションを確立できています。

多くのラーメン店がこのポジションをとれずにいましたが、
丸源ラーメンはこのポジションを見事に抑えていると思います。

小上がり席やテーブル席をしっかり用意することで
グループ客、ファミリー客を集客できている。

これがこのお店の強みです。

そしてこのファミリー向けラーメン店という
ポジションを維持しながら
チャンスロスが出ないように
客席の構成もブラッシュアップを続ける。

例えば、2名テーブルをやめて
カウンター席を増やすとか。

多くのお店でそれを考える必要があると思っています。

そういった視点で
一度客席構成を見直してみましょう!!

逆にファミリー客が欲しい店は
4名テーブル席や小上がり席を充実させていますか?

ターゲティングに合わせた
客席づくりとブラッシュアップ
この視点でも活性化は可能です。

それではまた。


飲食店経営者様・経営幹部様向け奇跡のV字回復無料メール講座

  • 業績アップ7ステップ開始します!
  • 他店と明確な違いをつくる!差別化要素の作り方
  • 時流適合で業績アップを実現する!
  • 飲食マーケティングの基本!品揃えと価格政策の原理原則
  • 集客力を高めるオープンキッチンとは!?
  • 商品づくりの最大のコツ!シズル感
  • 販売促進を利用して効率良く客数を増やす方法